試合に勝てない弱小ボクサーが上達への近道を真剣に探してみた

人一倍ジムに通い、練習をこなしてきたがどうしてもボクシングの試合は勝てない。どうしたら勝てるようになるのか?上達への最短近道を探した

ボクシングの防御の1つであるダッキングのきちんと理論的な練習方法を探して実践

f:id:boxer7:20170721130913j:plain

 

ボクシングを始めて2年の25歳男です。

ロードワークは毎日して、ジムには週3行ってます。

パンチ力はあると思いますが、攻める一方で

防御が苦手なためどうしても打たれてしまう・・

 スパーリングになると打たれまくってすぐにダウンします。

自分的にボクシングはパンチこそ全て!な考えがあったので

防御などのディフェンスをおろそかにしていました。

先日のスパーでダッキングしたら・・

 逆に相手に隙を与えたのか思いっきりパンチを食らいました。

えっ?なんでと思いましたがたぶんワンパターン過ぎた?

周りにコツを聞いてもみんな言ってることが違うので頭が混乱

します。何かいい方法がないかな?

ボクシングの攻撃は防御の上に成り立つ

 どうしても若いボクサーは攻撃ばかり練習して防御をおろそかに

しがちです。野球で言えばバッティング練習ばかりするようなもの

であり、守りも練習しないと試合には勝てません。

 ボクシングの防御はダッキングを始め、クリンチ、バーリン

スウェーバックブロッキングなど多彩にありますが、その一つ

一つを反復練習するしかないです。

だけどそれらをマスターするなら基本を抑えないと・・

 周りからなんとなく教わったコツや方法は、なかなか覚えられな

いし、いざという時に体が反応しません。

なぜそうやるのか?なんの意味があるのかいまひとつ基本が分か

ってるようで分かってないからではないでしょうか?

 

やはりボクシングは一瞬の隙で相手に打ち込まれるスポーツだから

こそ攻撃も防御もきちんと理論的な練習方法を探し出し、意味を

理解した上での反復練習することが私達にとって上達への一番近道に

なるのではないでしょうか?

 

 

f:id:boxer7:20170724140225j:plain

  ボクシングが上手くなりたいあなたに・・

  テクニックで強くなる理論的練習法

 正しい動作・効果的な練習で強さと上手さを

 両立したボクサーになる

 ⇒もっと詳しく知りたい方はコチラ

 

 

f:id:boxer7:20170721131420j:plain

 

パスタを久しぶりに作りました。といっても本格的なイタリアンパスタじゃなく、そんなの作れませんが・・・麺を専用の容器に入れ水と塩入れてレンジでチン。ソースはインスタントがあったので、鍋に水入れて沸かしてその中に入れて温めるパスタ。だけど、ソースがなんとかのホテル仕様みたいなやつでそれなりに美味しかったです。思ったのですけど、本格的なパスタを手間暇かけて作らなくてもインスタントの良さげなもの使えば、出来立てなら最高に美味しいじゃん!って思います。というかそれで十分ですね。でも自分の家で作るパスタはお腹一杯になるからいいですね。食べに行くと美味しいけど量が少ない・・。

 

ところで、多分、ダッキングがいつも一定だからだと反省・・いつも読まれてしまいます。だけどダッキングって感覚的に分かるけど、何をどうやってリズムを変えるか、体を使うか感覚的にしかつかめない。だからこそ、口で教わった方法を一度疑い、目に見える練習方法を早く探し、愚直に実践していく必要があるのではないでしょうか?

 

 

 ページ上部に戻る